生年月日データベース

檜山進次郎

プロ野球選手[日本]

1969年 7月1日 生 (満50歳)

檜山進次郎 - ウィキペディアより引用

『桧山進次郎』より : 桧山 進次郎(ひやま しんじろう、1969年7月1日 - )は、京都府京都市右京区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
一部メディアでは、「檜山進次郎」と表記。
通算代打起用回数・代打安打数・代打打点数すべて歴代2位記録。
1995年から2005年頃までレギュラー、2006年からは主に代打で活躍した。
打席に立つたびにスタンドから盛大な声援を受けるほどの人気選手で、代打に定着してからは、メディアやファンから(八木裕に次ぐ)「代打の神様」と呼ばれることが多かった。
愛称は「ひーやん」、「ひー」、「悠久の若虎」など。
元在日韓国人3世で、韓国名は黄 進煥(ファン・ジナン、ハングル:황진환)。
日本に帰化する意思はないことを明言していたが、2016年3月4日、妻子共々帰化した。
また、2013年の現役引退を機に、「ベースボール&スポーツコメンテーター」という肩書でホリプロとマネジメント契約を締結。
2014年からは、朝日放送の野球解説者・日刊スポーツの野球評論家も務める。
プロ入り前 京都府京都市右京区出身。

映像作品

関連書籍