生年月日データベース

掛布雅之かけふまさゆき

プロ野球選手、解説者[日本]

1955年 5月9日 生 (満64歳)

掛布雅之 - ウィキペディアより引用

掛布 雅之(かけふ まさゆき、1955年5月9日 - )は、阪神タイガースの二軍監督である。
千葉県千葉市中央区出身の元プロ野球選手(内野手)。
スポーツ報知の野球評論家およびスカイ・エーの野球解説者であった。
2013年10月21日からは、阪神タイガース(阪神)ゼネラルマネジャー付育成&打撃コーディネーター → 球団本部付育成&打撃コーディネーター(Development Coordinator、略称「DC」)を兼務していた。
新潟県三条市の生まれで、大阪府豊中市在住。
阪神の主力選手として活躍した現役時代から、阪神ファンやメディアの間で「(4代目あるいは3代目)ミスタータイガース」と呼ばれることがある。
経歴編集 生い立ち編集 母親の実家・三条市で生まれ、生後一年から父親の郷里千葉市で育つ。
珍しい“掛布”姓のルーツは、祖父の出身地・愛知県犬山市辺りにあるのではないかと話している。
“雅之”という名前は父親が俳優の森雅之の大ファンだったことから名付けられた。
父親は戦前、千葉商業の教員を務め、野球部監督として甲子園まであと一歩のところまで進んだが、諸事情で野球とは縁を切っていた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

プロ野球選手・解説者。 通称「ミスタータイガース」。 右投左打、ポジションは三塁手。背番号は31番*1。 1955年5月9日生まれ。新潟県三条市で生まれ、千葉県千葉市で育つ。 習志野高校で夏の甲子園に出場。 卒業後、阪神タイガースのテストを受け、1974年、ドラフト6位で入団。 1976年、一軍に定着、「若トラ」と称され三塁手のレギュラーを掴む。 1981年、4番打者に定着。1980年代を代表するスラッガー、三塁手として活躍。江川卓との名勝負は語り草となる。 1985年、新ダイナマイト打線を率いてタイガースのセ・リーグ優勝、日本一に貢献。 1988年、33歳の若さで現役引退。 引退後、日本テレビ・スポーツ報知などで野球解説者を務めた。 2016年、阪神タイガースの二軍監督として現場に復帰。背番号は現役時代と同じ31を着用。 現役時代に「掛布と31匹の虫」というレコードをリリースした経歴あり。 また、今では当たり前になった野球での右投げ左打ちバッターのはしり<元祖>となった選手である*2。 (引用元 Hatena Keyword)