生年月日データベース

門田博光かどたひろみつ

プロ野球選手[日本]

1948年 2月26日 生 (満72歳)

門田 博光(かどた ひろみつ、1948年2月26日 - )は、山口県小野田市(現:山陽小野田市)生まれ、奈良県五條市育ちの元プロ野球選手(外野手)。
現役時代は南海・ダイエー、オリックスで主に右翼手、指名打者として活躍した。
40歳を超えても活躍した数少ない選手であり、「不惑の大砲」の異名を持つ。
通算本塁打数・通算打点数共に歴代3位。
来歴・人物編集 プロ入り前編集 山口県小野田市生まれ。
5人兄弟の真ん中。
父が貿易関係に失敗し、一家で奈良市に移り、つましい家庭で育つ。
五条中学から天理高校に進む。
天理高校では、四番打者、中堅手として、外山義明投手を擁し、1965年夏の県予選決勝に進出。
白滝政孝投手のいた郡山高を2-0で破る。
続く紀和大会決勝でも県和歌山商を3-1で降し甲子園に出場。
1回戦で小山健二投手(日本コロムビア)を擁する丸子実に9回に逆転され1-3で敗退。
卒業後は外山とともに社会人野球チームクラレ岡山に進む。
1966年から都市対抗野球大会に4年連続出場。
1968年のドラフトで阪急ブレーブスから12位指名を受けるがこれを拒否。

関連商品