生年月日データベース

大島康徳おおしまやすのり

プロ野球選手、監督、解説者[日本]

1950年 10月16日 生 (満69歳)

大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手)・監督、野球解説者。
来歴・人物 現役時代 高校入学まで野球経験はない。
今津中学時代はバレーボールをやっており、大分県選抜チームのレギュラーだった。
また、相撲が強かったため相撲部に助っ人で参加することもあった。
相撲の大会を観戦に来ていた中津工業の小林監督が惚れ込み、本人は当初、乗り気でなかったもののスパイクとグローブをプレゼントされたのをきっかけに同校に入学。
野球部ではエース、4番打者として活躍する。
1968年に中日ドラゴンズ(少年時代は阪神タイガースが贔屓のチームだったという)の入団テストで本多逸郎の目に留まり合格、同年秋のプロ野球ドラフト会議で3位指名され入団した。
投手として入団したが、入団間もない投球練習でコーチから一球で「投手失格」を言い渡され、更に当時の監督だった水原茂が素質を見抜いて打者転向させた。

関連商品