生年月日データベース

星野仙一ほしのせんいち

プロ野球選手、監督[日本]

(中日、阪神、楽天の監督として計4回リーグ優勝)

1947年 1月22日

2018年 1月4日 死去膵臓がん享年72歳
星野仙一 - 元プロ野球選手、監督

星野 仙一(ほしの せんいち、1947年〈昭和22年〉1月22日 - 2018年〈平成30年〉1月4日)は、日本のプロ野球選手・監督、野球解説者、タレント、コメンテーター。
岡山県児島郡福田町(1953年、倉敷市と合併)出身。
現役選手時代のポジションは投手で、1969年から1982年にかけて中日ドラゴンズで主戦格投手として活躍し、1974年・1982年には中日のセ・リーグ優勝に貢献した。
また、1974年には沢村賞に加えてリーグ初となる最多セーブ投手のタイトルを獲得している。
現役引退後は中日・阪神タイガース・東北楽天ゴールデンイーグルスの3球団で監督を務め、1988年・1999年には中日を、2003年には阪神をそれぞれセ・リーグ優勝させ、2013年には楽天を球団創設後初となるパ・リーグ優勝と日本一に導いた。
また、2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務め、4位まで導いた。
2014年限りで楽天監督を退任し、2015年より死去まで株式会社楽天野球団取締役副会長を務めた。
愛称は「燃える男」「闘将」「仙(さん・ちゃん)」など。
「仙(さん・ちゃん)」の愛称は、中日入団時から1975年まで同姓の星野秀孝がチームメイトだったことから、その間の自身の名前表記が「星野仙」であったことに由来する。

星野仙一さんが誕生してから、77年と173日が経過しました。(28297日)
亡くなってから、6年と190日が経ちました。(2382日)
25915日間 生きました。