生年月日データベース

阿部慎之助あべしんのすけ

プロ野球選手[日本]

1979年 3月20日 生 (満40歳)

阿部慎之助 - ウィキペディアより引用

阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手。
読売ジャイアンツ第18代主将。
2007年から2014年まで同チームの主将を務めた。
捕手。
(2015年のみ内野手登録。
) プロ入り前 名前の由来は母親が池畑慎之介(ピーター)の大ファンだったことから。
父は実業団電電東京に所属した野球選手阿部東司で、掛布雅之と習志野市立習志野高等学校で同期。
掛布とクリーンナップを組み、掛布が3番・父が4番を打ち、全国高等学校野球選手権大会に出場経験がある。
その影響もあり、幼い頃から阪神タイガースファンで掛布に憧れ左打ちになった。
また父もポジションは捕手、中央大学と共通している。
父の勧めもあり、浦安市野球協会学童部所属・軟式少年野球チーム・浦小クラブに所属。
その縁で浦安市野球協会で阿部慎之助杯争奪少年野球大会を協賛している。
安田学園高校では通算38本塁打を放つ。
中央大学商学部に進学し3年生春まで東都大学野球連盟2部リーグでプレーする。

映像作品

関連書籍

プロ野球選手(捕手)。1979年3月20日生まれ、千葉県浦安市出身。安田学園高等学校時代から強打者として知られ、中央大学でも活躍した。2001年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。新人捕手開幕スタメンとして出場した初打席で初安打・初打点を記録し、翌02年にはベストナイン賞とゴールデングラブ賞を受賞。10年から11年にかけては捕手の連続守備機会無失策1709のセ・リーグ記録を打ち立てた。12年には首位打者・打点王・最高出塁率者となり、最優秀選手賞と正力松太郎賞を受賞した。17年にはプロ野球史上49人目の2000安打、19年には史上19人目の通算400号本塁打を達成している。日本代表としては08年の北京五輪に出場し、13年の第3回WBCでは主将・4番・正捕手として活躍した。19年9月25日、シーズン限りの引退を発表した。(記録は19年9月現在) (2019-9-26) (引用元 コトバンク)