生年月日データベース

阿部慎之助あべしんのすけ

プロ野球選手[日本]

1979年 3月20日 生 (満40歳)

 - ウィキペディアより引用

阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手。
読売ジャイアンツ第18代主将。
2007年から2014年まで同チームの主将を務めた。
捕手。
(2015年のみ内野手登録。
) プロ入り前 名前の由来は母親が池畑慎之介(ピーター)の大ファンだったことから。
父は実業団電電東京に所属した野球選手阿部東司で、掛布雅之と習志野市立習志野高等学校で同期。
掛布とクリーンナップを組み、掛布が3番・父が4番を打ち、全国高等学校野球選手権大会に出場経験がある。
その影響もあり、幼い頃から阪神タイガースファンで掛布に憧れ左打ちになった。
また父もポジションは捕手、中央大学と共通している。
父の勧めもあり、浦安市野球協会学童部所属・軟式少年野球チーム・浦小クラブに所属。
その縁で浦安市野球協会で阿部慎之助杯争奪少年野球大会を協賛している。
安田学園高校では通算38本塁打を放つ。
中央大学商学部に進学し3年生春まで東都大学野球連盟2部リーグでプレーする。

関連商品

の関連情報 千葉)阿部慎之助・巨人2軍監督に初の市民栄誉賞浦安(2020-1-28) 恐怖だった安打記録との戦いレッズでも続く秋山の挑戦(2020-1-7) 5球団が来季コーチ陣発表プロ野球(2019-10-30) 巨人・阿部が2軍監督へプロ野球(2019-10-25) その他の辞書アプリをお探しの方はこちら 利用規約 お問い合わせ 広告掲載について 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGEMARKETINGに帰属します。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 ©TheAsahiShimbunCompany/VOYAGEMARKETING,Inc.Allrightsreserved. Noreproductionorrepublicationwithoutwrittenpermission. varcX=cX||{};cX.callQueue=cX.callQueue||[]; cX.callQueue.push(['setSiteId','9222334055048530901']); cX.callQueue.push(['sendPageViewEvent']); (function(){try{varscriptEl=document.createElement('script');scriptEl.type='text/javascript';scriptEl.async='async'; scriptEl.src=('https:'==document.location.protocol)?'https://scdn.cxense.com/cx.js':'http://cdn.cxense.com/cx.js'; vartargetEl=document.getElementsByTagName('script')[0];targetEl.parentNode.insertBefore(scriptEl,targetEl);}catch(e){};}()); @charset"utf-8";.pageWord.winpc,.pageEjjeWord.winpc{font-size:18px}.pageWord.winpc#hdMenuCont,.pageEjjeWord.winpc#hdMenuCont{font-size:13px}.pageWord.winpc#mainArea,.pageEjjeWord.winpc#mainArea{width:100%;border-top:none;padding-top:16px}.pageWord.winpc#mainTitle,.pageEjjeWord.winpc#mainTitle{border-top:none}.pageWord.winpc#mainTitle{padding-bottom:10px}.pageWord.winpc#mainTitleh1,.pageEjjeWord.winpc#mainTitleh1{font-size:260%}.pageWord.winpc.dictypeh2,.pageEjjeWord.winpc.dictypeh2{border-bottom:1pxsolid#e6e6e6;padding-bottom:10px;margin-bottom:15px}.pageWord.winp …… (引用元 コトバンク)