生年月日データベース

松田宣浩まつだのぶひろ

プロ野球選手[日本]

1983年 5月17日 生 (満37歳)

 - ウィキペディアより引用

松田 宣浩(まつだ のぶひろ、1983年5月17日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。
妻はKBC元アナウンサーの柴田恵理。
プロ入り前 1983年5月17日に滋賀県草津市で生まれた。
草津市立老上小学校2年生の時に矢橋レモンズで軟式野球を始めた。
中学校では栗東ボーイズで硬式野球に転向した。
中京高等学校では主に3番・遊撃手で出場し、高校通算61本塁打を記録した。
2年時に第82回全国高等学校野球選手権大会に双子の兄とともに出場(当時の校名は中京商、3年時に校名変更)も、対那覇高校戦で延長の末、自らの悪送球で決勝点を与え、1対2で初戦敗退した。
亜細亜大学入学後は1年春(2002年)から4番を任され東都大学リーグ戦に出場し、同シーズンで3本塁打と力を見せた。
同年は第1回世界大学野球選手権日本代表メンバーに選出されて5番を務め、3位に貢献した。
2003年も2年連続で第35回日米大学野球選手権大会日本代表メンバーに選出された。
井口忠仁(青学大)が持つリーグ通算24本塁打の記録更新も期待されていた。

関連商品