生年月日データベース

松中信彦まつなかのぶひこ

プロ野球選手[日本]

1973年 12月26日 生 (満46歳)

 - ウィキペディアより引用

松中 信彦(まつなか のぶひこ、1973年12月26日 - )は、熊本県八代市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。
1997年から2015年まで、福岡ダイエーホークス→福岡ソフトバンクホークスに在籍。
在籍中には、一軍公式戦で通算352本の本塁打を放ったほか、2004年に打撃三冠王を達成した。
在籍中の2003年から2005年までに達成した3年連続シーズン公式戦120打点は、2015年の時点でNPB記録である。
妻はフリーアナウンサーの林恵子。
タレントの松中みなみは親戚に当たる。
プロ入り前 3つ上の兄と5つ下の弟がいる。
小学4年生時に代陽小学校野球クラブに入団し、投手と一塁手を務めた。
八代一高を経て新日鐵君津に入社。
1996年にはアトランタオリンピック野球日本代表に選出され、全日本の4番を担う。
銀メダル獲得に貢献。
敗れはしたものの、決勝の対キューバ戦では同点満塁本塁打を放つなど、一躍注目を浴びた。
オリンピック出場後のドラフト会議では、当時存在していた逆指名制度を通じて、福岡ダイエーホークスから2位で指名。

関連商品