生年月日データベース

フェルナンド・セギノールFernando Alfredo Seguignol

プロ野球選手[パナマ]

1975年 1月19日 生 (満45歳)

 - ウィキペディアより引用

フェルナンド・アルフレド・セギノール(Fernando Alfredo Seguignol , 1975年1月19日 - )は、パナマ出身の元プロ野球選手(内野手)。
ヤンキース傘下・エクスポズ時代 ヤンキース3A、エクスポズなどを経て、2002年にオリックス・ブルーウェーブに入団。
オリックス時代 一塁手または指名打者として出場し、2002年5月5日の大阪近鉄バファローズ戦と翌5月6日の千葉ロッテマリーンズ戦で2試合連続左右両打席本塁打を記録、更にこの年の7月26日にもシーズン3度目の左右打席本塁打を達成(ともに日本プロ野球史上初)。
オリックス入団前は「大崩れしないコンスタントな成績」、「スイッチヒッターの中距離打者」という触れ込みであったが、実際は当たれば飛ぶがめったに当たらないという粗っぽい打者であり、打率は2割を超えるか超えないかという低空飛行で、4番を打っていた時期もあったがすぐにレギュラーも危うくなった。