生年月日データベース

柳沢敦やなぎさわあつし

男子サッカー選手[日本]

1977年 5月27日 生 (満42歳)

柳沢 敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は、富山県射水郡小杉町(現射水市)出身のサッカー指導者、元サッカー選手。
現役時のポジションは主にフォワード(FW)。
元日本代表。
世界選抜にも選ばれたことがある。
Jリーグ ディビジョン1在籍17年連続ゴールのリーグ記録を持つ(2014年時点)。
2002年と2006年にはFIFAワールドカップを経験している。
妻はモデルの小畑由香里。
学生時代 1977年生まれ。
当時父親は地元の運送会社に勤めていたが、後にラーメン店を開いた。
柳沢は小学校1年になると小杉SSCに入団してサッカーを始め、中学時代にはFCひがしジュニアユースに所属し、U-15日本代表に選出されている。
富山第一高等学校では3年連続で国体および高校総体への出場を経験し、高校3年時の高校選手権では超高校級選手として大会の目玉となりJリーグのスカウトの注目を集めた。
Jリーグ時代 Jリーグの13チームから声がかかり、その中から鹿島アントラーズへの入団を選択する。

映像作品

関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード。 1977年5月27日生まれ。富山県出身。身長177cm、体重75kg。 妻はモデルの小畑由香里(2003年12月結婚)。 (引用元 Hatena Keyword)