生年月日データベース

中山雅史なかやままさし

男子サッカー選手[日本]

1967年 9月23日 生 (満54歳)

中山 雅史(なかやま まさし、1967年9月23日 - )は、静岡県志太郡岡部町(現藤枝市)出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、サッカー解説者。
ポジションはフォワード。
日本プロサッカー選手会名誉会長。
ゴンあるいはゴン中山の愛称で知られる。
名付け親は元サッカー選手の鋤柄昌宏。
愛称の由来は大学時代、当時の先輩にオレたちひょうきん族に登場したビートたけし扮する鬼瓦権造に顔が似ている事から。
ほかに、中山隊長、隊長の愛称がある。
1996年から1998年までジュビロ磐田でキャプテンを務めた。
日本代表として1998 FIFAワールドカップ、2002 FIFAワールドカップにも出場。
1998年のFIFAワールドカップ本大会で日本代表初ゴールを決めている。
Jリーグ(J1)最優秀選手賞1度受賞、得点王2回、ベストイレブン4度受賞した経験を持ち、Jリーグシーズン最多得点、J1での最年長記録、W杯本大会日本代表初ゴールなどの個人記録なども持つ。
国際試合における最短ハットトリックのギネス世界記録保持者でもある。
なお、2016年3月に佐藤寿人に抜かれるまで通算J1最多得点(157得点)記録保持者、同年11月にステファン・ルチヤニッチに抜かれるまでハットトリック連続世界記録保持者(4試合連続)であった。
妻は女優・タレントの生田智子で、2004年に誕生した長女がいる。
実父の中山儀助は元岡部町町議会議員である。

関連商品

中山雅史さんが誕生してから、54年と0日が経過しました。(19724日)