生年月日データベース

中田英寿なかたひでとし

男子サッカー選手[日本]

1977年 1月22日 生 (満47歳)

中田英寿 - ウィキペディアより引用

中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロサッカー選手、実業家、旅人。
現役時代のポジションはミッドフィールダー。
元日本代表。
国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員・一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事・観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー・株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY代表取締役。
アジア史上最高のサッカー選手の1人とみなされており、1990年代後半から2000年代前半にかけての世界を代表するサッカー選手の1人である。
日本代表のFIFAワールドカップ(以下W杯)3大会連続出場に貢献。
FIFA100選。
アジア年間最優秀選手賞2回。
イタリア政府よりイタリア共和国功労勲章(カヴァリエーレ)受章。
U-17世界選手権(現在のU-17W杯)、ワールドユース(現在のU-20W杯) 、U-23オリンピック 、コンフェデレーションズカップ 、W杯 、以上のナショナルチーム主要世界大会すべてでゴールをあげた唯一の日本人選手[注 6]。

中田英寿さんが誕生してから、47年と119日が経過しました。(17286日)