生年月日データベース

寺原隼人てらはらはやと

プロ野球選手[日本]

1983年 10月9日 生 (満36歳)

寺原隼人 - ウィキペディアより引用

寺原 隼人(てらはら はやと、1983年10月9日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 1983年10月9日に宮崎市で生まれた。
職場で野球をやっていた父や6歳上の兄の影響で宮崎市立本郷小学校3年生の時に軟式野球のワールドボーイに入団して野球を始めて小学校5年生になると6年生を押しのけてエースとなった。
宮崎市立赤江東中学校では軟式野球部に入り、1年目は制球難を克服するため下半身を鍛え、2年秋には宮崎県大会決勝戦で完封勝利を果たした。
3年夏には4番・エースとして県大会で優勝し、九州大会でも2位となって宮崎県勢15年ぶりの全国大会に出場となったが、初戦で東海代表の長泉北中に敗れた。
日南学園高等学校では入学時に球速135km/hを超えていた。
1年春の九州大会では対瓊浦高等学校戦で中継ぎ登板したが2回3失点のデビューだった。
甲子園を目指すため小川茂仁監督の下でアーム式の投法から肘を上げるフォームへの変更に取り組んだ。
2年夏には最速140km/h台となったが夏の県大会では準決勝で宮崎日大に敗れて敗退、2年秋の県大会は優勝し、九州大会では最速147km/hを記録したが準々決勝で神崎高校に1対4で敗れた。

プロ野球選手(投手)。 1983年10月9日生まれ、宮崎県宮崎市出身、A型。右投右打。登録名・寺原早人。 1年目は6勝(2敗1S)、2年目は前半戦6連勝しながら7勝(5敗)と、いずれも故障などで満足のいく結果を残せなかった。 大器の片鱗は見せているが、1シーズンを乗り切るためのスタミナ不足が今後の課題。 2003年12月、高校の1年後輩の女性と結婚。 2004、2005年は未勝利に終わるも、2006年には3年振りとなる勝利を含め3勝を挙げた。 (引用元 Hatena Keyword)