生年月日データベース

長三洲ちょうさんしゅう

幕末の志士、官僚、書家[日本]

(天保4年9月22日生)

1833年 11月3日

1895年 3月13日 死去享年63歳
長三洲 - ウィキペディアより引用

長 三洲(ちょう さんしゅう、天保4年9月23日(1833年11月3日) - 明治28年(1895年)3月13日)は、豊後国生まれの勤皇の志士、官僚、漢学者、書家、漢詩人。
諱は炗(ひかる)。
幼名は富太郎、のち光太郎、太郎。
字は世章。
号は三洲(三州)のほか、蝶生、韻華、秋史、紅雪、楂客など。

長三洲さんが誕生してから、190年と231日が経過しました。(69629日)
亡くなってから、129年と102日が経ちました。(47219日)
22410日間 生きました。