生年月日データベース

木戸孝允きどたかよし

長州藩士、幕末の志士、政治家[日本]

(前名・桂小五郎、天保4年6月26日生)

1833年 8月11日

1877年 5月26日 死去享年45歳
木戸孝允 - ウィキペディアより引用

木戸 孝允(きど たかよし、天保4年6月26日〈1833年8月11日〉- 明治10年〈1877年〉5月26日)は、日本の幕末の長州藩士、勤王志士、明治時代初期の政治家。
号は松菊、竿鈴。
明治維新の元勲として、大久保利通、西郷隆盛とともに維新の三傑の一人に数えられる。
幕末期には桂 小五郎(かつら こごろう)の名で活躍した。

木戸孝允さんが誕生してから、190年と282日が経過しました。(69680日)
亡くなってから、146年と359日が経ちました。(53686日)
15994日間 生きました。