生年月日データベース

伊藤博文いとうひろぶみ

長州藩士政治家、初代内閣総理大臣、韓国初代統監、公爵[日本]

(天保12年9月2日生)

1841年 10月16日

1909年 10月26日 死去暗殺享年69歳
 - ウィキペディアより引用

伊藤 博文(いとう ひろぶみ/ひろふみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。
位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。
諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。
幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。
号は「春畝(しゅんぽ)」、「滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)」など。
「春畝公」と表記されることも多い。
周防国出身。
長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。
維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。
初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監を歴任した。
内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により清國から朝鮮を独立させた(第一条)ことが特記できる。

関連商品