生年月日データベース

宮武外骨みやたけがいこつ

ジャーナリスト[日本]

(慶応3年1月18日生)

1867年 2月22日

1955年 7月28日 死去享年89歳
宮武外骨 - ウィキペディアより引用

宮武 外骨(みやたけ がいこつ、1867年2月22日〈慶応3年1月18日〉 - 1955年〈昭和30年〉7月28日)は、日本のジャーナリスト(新聞記者、編集者)、著作家、新聞史研究家、明治期の世相風俗研究家。
明治・大正期にはジャーナリストとして、政治家や官僚、行政機関、マスメディアを含めた権力の腐敗を言論により追及した。
日本における言論の自由の確立を志向し、それを言論によって訴えた。
また、活字によるアスキーアートを先駆的に取り入れた文章など、様々な趣向を凝らしたパロディや言葉遊びを執筆した。
関東大震災以降は風俗史研究に活動の重点を移し、東京帝国大学(東京大学)に明治新聞雑誌文庫を創設した。