生年月日データベース

大村益次郎おおむらますじろう

蘭学者、兵学者、軍事指揮官[日本]

(文政7年5月3日生)

1824年 5月30日

1869年 12月7日 死去敗血症享年46歳
大村益次郎 - ウィキペディアより引用

大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政8年5月3日〈1825年6月18日〉 - 明治2年11月5日〈1869年12月7日〉)は、幕末期の日本の政治家、軍人、医師、学者。
維新の十傑の一人。
旧姓は村田(むらた)、幼名は宗太郎、通称は蔵六(ぞうろく)、良庵(または亮庵)、のちに益次郎(ますじろう)。
雅号は良庵・良安・亮安。
諱は永敏(ながとし)。
位階は贈従二位。
家紋は丸に桔梗。
戊辰戦争では東征大総督府補佐となり勝利の立役者となった。
太政官制において兵部省初代大輔(次官、長官の卿は皇族ポストだったため、事実上の最高責任者であった)を務め、日本陸軍の創始者、陸軍建設の祖とされる。
また、兵部省は陸軍省、海軍省両方の前身であり、その教え子からは伊藤雋吉ら海軍の重鎮も輩出しており、近代日本軍全体に対する創業の功績も大きい。

推定関連画像

大村益次郎さんが誕生してから、199年と276日が経過しました。(72961日)
亡くなってから、154年と85日が経ちました。(56334日)
16627日間 生きました。