生年月日データベース

児玉源太郎こだまげんたろう

陸軍大将、子爵[日本]

(日露戦争時の満州軍総参謀長、嘉永5年閏2月25日生)

1852年 4月14日

1906年 7月23日 死去享年55歳
児玉源太郎 - ウィキペディアより引用

児玉 源太郎(こだま げんたろう、旧字体: 兒玉 源太郞、1852年4月14日(嘉永5年閏2月25日) - 1906年(明治39年)7月23日)は、明治時代の日本の陸軍軍人、政治家。
日露戦争において満洲軍総参謀長を務め、勝利に貢献した。
階級は陸軍大将、栄典は正二位勲一等功一級子爵。

推定関連画像

児玉源太郎さんが誕生してから、171年と315日が経過しました。(62773日)
亡くなってから、117年と217日が経ちました。(42951日)
19822日間 生きました。