生年月日データベース

乃木希典のぎまれすけ

長府藩士陸軍大将、伯爵[日本]

(日露戦争時の第3軍司令官、嘉永2年11月11日生)

1849年 12月25日

1912年 9月13日 死去享年64歳
乃木希典の辞世
うつし世を 神去りましゝ 大君の みあと志たひて 我はゆくなり
乃木希典 - ウィキペディアより引用

乃木 希典(のぎ まれすけ、1849年12月25日〈嘉永2年11月11日〉 - 1912年〈大正元年〉9月13日)は、日本の陸軍軍人。
日露戦争における旅順攻囲戦の指揮や、明治天皇を慕い、あとを追って殉死したことでも知られる。
最終階級は陸軍大将。
栄典は贈正二位勲一等功一級伯爵。
明治天皇より第10代学習院長に任じられ、迪宮裕仁親王(昭和天皇)の教育係も務めた。
人々より「乃木大将」や「乃木将軍」と呼ばれて深く敬愛され、「乃木神社」や「乃木坂」にも名前を残している。

乃木希典さんが誕生してから、174年と169日が経過しました。(63723日)
亡くなってから、111年と273日が経ちました。(40816日)
22907日間 生きました。