生年月日データベース

夏目漱石なつめそうせき

作家[日本]

(慶応3年1月5日生)

1867年 2月9日

1916年 12月9日 死去胃潰瘍享年50歳
 - ウィキペディアより引用

夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日〈慶応3年1月5日〉 - 1916年〈大正5年〉12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者、俳人。
本名は夏目金之助(なつめ きんのすけ)。
俳号は愚陀仏。
明治末期から大正初期にかけて活躍した近代日本文学の頂点に立つ作家の一人。
代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こゝろ』『明暗』など。
明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。
漱石の私邸に門下生が集まった会は木曜会と呼ばれた。
江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。
大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。
帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。
大ロンドンのカムデン区、ランベス区などに居住した。
帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。

関連商品