生年月日データベース

正岡子規まさおかしき

俳人歌人[日本]

(慶応3年9月17日生)

1867年 10月14日

1902年 9月19日 死去結核享年36歳
正岡子規の辞世
糸瓜咲て 痰のつまりし 仏かな
正岡子規 - ウィキペディアより引用

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈旧暦慶応3年9月17日〉- 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。
子規は筆名で、本名は正岡 常規(まさおか つねのり)。
幼名を處之助(ところのすけ)といい、後に升(のぼる)と改めた。
俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治を代表する文学者の一人である。

正岡子規さんが誕生してから、156年と272日が経過しました。(57251日)
亡くなってから、121年と298日が経ちました。(44493日)
12758日間 生きました。