生年月日データベース

大岡昇平おおおかしょうへい

作家、フランス文学翻訳家[日本]

1909年 3月6日

1988年 12月25日 死去脳梗塞享年80歳
大岡昇平 - ウィキペディアより引用

大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、日本の小説家、評論家、フランス文学の翻訳家・研究者。
東京牛込に生まれた。
父は相場師で、社会的身分の変動が激しく、それが自我の目覚めを早熟にしたという。
戦前はスタンダールを研究した。
フィリピンのミンドロ島での俘虜経験をもとにした『俘虜記』(1948年)で作家の地位を確立。
『武蔵野夫人』(1950年)などの恋愛小説の秀作も書くが、その目は一貫して戦争に向けられていた。
戦記文学『レイテ戦記』『野火』が代表作である。
1972年に日本芸術院会員に推されたが、俘虜の経験を理由に辞退した。

推定関連画像

大岡昇平さんが誕生してから、114年と362日が経過しました。(42001日)
亡くなってから、35年と68日が経ちました。(12852日)
29149日間 生きました。