生年月日データベース

志賀直哉しがなおや

作家[日本]

1883年 2月20日

1971年 10月21日 死去享年89歳
志賀直哉 - ウィキペディアより引用

志賀 直哉(しが なおや、1883年〈明治16年〉2月20日 - 1971年〈昭和46年〉10月21日)は、日本の小説家。
日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。
宮城県石巻生まれ、東京府育ち。
明治から昭和にかけて活躍した白樺派を代表する小説家のひとり。
「小説の神様」と称せられ多くの日本人作家に影響を与えた。
代表作に「暗夜行路」「和解」「城の崎にて」「小僧の神様」など。

推定関連画像

志賀直哉さんが誕生してから、141年と11日が経過しました。(51511日)
亡くなってから、52年と134日が経ちました。(19127日)
32384日間 生きました。