生年月日データベース

内村鑑三うちむらかんぞう

キリスト教思想家、文学者、伝道者[日本]

(万延2年2月13日生)

1861年 3月23日

1930年 3月28日 死去心臓肥大症享年70歳
内村鑑三 - ウィキペディアより引用

内村 鑑三(うちむら かんぞう、1861年3月23日〈万延2年2月13日〉 - 1930年〈昭和5年〉3月28日)は、日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。
福音主義信仰と時事社会批判に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えた。
『代表的日本人』の著者でもある。

推定関連画像

内村鑑三さんが誕生してから、163年と31日が経過しました。(59567日)
亡くなってから、94年と27日が経ちました。(34361日)
25206日間 生きました。