生年月日データベース

丸谷才一まるやさいいち

作家[日本]

1925年 8月27日

2012年 10月13日 死去心不全享年88歳
丸谷才一 - ウィキペディアより引用

丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。
日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。
主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。
文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。
日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽快で知的な作品を書くことを目指した。
小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。
座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。

丸谷才一さんが誕生してから、98年と327日が経過しました。(36122日)
亡くなってから、11年と280日が経ちました。(4298日)
31824日間 生きました。