生年月日データベース

川端康成かわばたやすなり

作家、文芸評論家[日本]

1899年 6月14日

1972年 4月16日 死去自殺享年74歳
川端康成の名言
一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ。
 - ウィキペディアより引用

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。
大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。
1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞。
代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。
多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した。
なお、遺書はなかった。

関連商品

  • タイトル
    雪国 (角川文庫)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 川端康成
    出版社
    KADOKAWA
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥197
    中古商品
  • タイトル
    古都(新潮文庫)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 川端康成
    出版社
    新潮社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥539
    中古商品
川端康成さんが誕生してから、122年と99日が経過しました。(44660日)
亡くなってから、49年と159日が経ちました。(18056日)
26604日間 生きました。