生年月日データベース

後藤新平ごとうしんぺい

政治家、台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、伯爵[日本]

(安政4年6月4日生)

1857年 7月24日

1929年 4月13日 死去脳溢血享年73歳
後藤新平の最期の言葉
よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ。
 - ウィキペディアより引用

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師、官僚・政治家。
位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
台湾総督府民政長官。
南満州鉄道(満鉄)初代総裁。
逓信大臣、内務大臣、外務大臣。
東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。
東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。
拓殖大学第3代学長を歴任した。
計画の規模の大きさから「大風呂敷」とあだ名された、植民地経営者であり、都市計画家である。
台湾総督府民政長官、満鉄総裁を歴任し、日本の南方・大陸進出を支え、鉄道院総裁として国内の鉄道を整備した。
関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の帝都復興計画の立案・推進にも従事した。

後藤新平さんが誕生してから、164年と59日が経過しました。(59960日)
亡くなってから、92年と162日が経ちました。(33765日)
26195日間 生きました。