生年月日データベース

島地黙雷しまじもくらい

侶・浄土真宗本願寺派[日本]

(天保9年2月15日生)

1838年 3月10日

1911年 2月3日 死去享年79歳
 - ウィキペディアより引用

島地 黙雷(しまじ もくらい、天保9年2月15日(1838年3月10日) - 明治44年(1911年)2月3日)は、明治時代に活躍した浄土真宗本願寺派の僧。
周防国(山口県)和田で専照寺の四男として生まれる。
雨田、北峰、六々道人などと号す。
西本願寺の執行長。
萩で大洲鉄然とともに改正局を開き、真宗の宗徒を教育した。
1868年(明治元年)、京都で赤松連城とともに、坊官制の廃止・門末からの人材登用などの、西本願寺の改革を建白し、1870年(明治3年)に、西本願寺の参政となった。
1872年(明治5年)、西本願寺からの依頼によって左院視察団と同行、ヨーロッパ方面への視察旅行を行なった。
エルサレムではキリストの生誕地を訪ね、帰り道のインドでは釈尊の仏跡を礼拝した。
その旅行記として『航西日策』が残されている。
「三条教則批判」の中で、政教分離、信教の自由を主張、神道の下にあった仏教の再生、大教院からの分離を図った。
また、監獄教誨や軍隊布教にも尽力した。
1888年(明治21年)、雑誌『日本人』の発行所である政教社の同人となる。

関連商品

「島地黙雷」と関連する人物