生年月日データベース

高木守道たかぎもりみち

プロ野球選手、監督[日本]

1941年 7月17日

2020年 1月17日 死去急性心不全享年80歳
 - ウィキペディアより引用

髙木 守道(たかぎ もりみち、1941年7月17日 - )は、プロ野球選手・プロ野球監督、野球解説者。
愛知県名古屋市生まれ、岐阜県岐阜市出身。
現役時代は中日ドラゴンズで活躍し、引退後はコーチ・監督を歴任した。
2代目「ミスタードラゴンズ(初代は西沢道夫、3代目は立浪和義である)。
2007年1月より2012年11月25日まで中日ドラゴンズOB会会長。
2012年から2013年まで再び中日の監督を務めた。
プロ入りまで 10歳のとき、中日スタジアムの火災(1951年8月19日)に巻き込まれたが、危うく事無きを得た。
1957年、県立岐阜商業高校に進学。
肩を痛め遊撃手から二塁手に転向。
1年生の時に長嶋茂雄(当時立教大学4年生)にコーチを受けた。
長嶋は髙木の才能を見抜き、監督に髙木をレギュラーとして使うように薦め、その結果、髙木はすぐにレギュラーを取りチームの中核となったという。
なお、遊撃手だった髙木を二塁手に転向させるよう監督に提案した人も長嶋だという。
3年春には第31回選抜高等学校野球大会に出場、決勝まで進んだが、中京商業(現・中京大中京高校)に敗れ準優勝に終わる。

関連商品