生年月日データベース

山内一弘やまうちかずひろ

プロ野球選手、監督[日本]

1932年 5月1日

2009年 2月2日 死去享年78歳
山内一弘 - ウィキペディアより引用

山内 一弘(やまうち かずひろ、1932年〈昭和7年〉5月1日 - 2009年〈平成21年〉2月2日)は、愛知県一宮市奥町出身のプロ野球選手(外野手、右投右打)・コーチ・監督、野球解説者・評論家。
旧名「山内 和弘」(読みは同じ)。
現役選手時代は「打撃の職人」「シュート打ちの名人」「オールスター男」[18]「ミスターオリオンズ」[20]と呼ばれた。
また、指導者としてはその熱心な指導ぶりから「かっぱえびせん」の異名を取った[17]。
概要[編集] 1952年にパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の毎日オリオンズに入団し、毎日および毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)で「ミサイル打線」の主軸打者として活躍[22]。
後にセントラル・リーグ(セ・リーグ)の阪神タイガース・広島東洋カープでもプレーし、通算19年間の現役生活で打点王4回・首位打者1回・本塁打王2回を獲得[22]。
通算2271安打・396本塁打・1286打点を記録した。
引退後はロッテオリオンズ(毎日・大毎の後身)や中日ドラゴンズで監督を務め、2002年に野球殿堂入りした[22]。
日本プロ野球 (NPB) 史上初の通算300本塁打達成者であり[23]、川上哲治[注 6]に次ぐNPB史上2人目の通算2000安打達成者[24](昭和生まれでは初)である。
経歴[編集] 幼少期[編集] 1932年5月1日、愛知県一宮市奥町で、次男として誕生した。
1939年4月に奥国民学校(現:一宮市立奥小学校)に入学。
小学校2年生のこ ……

山内一弘さんが誕生してから、92年と83日が経過しました。(33686日)
亡くなってから、15年と171日が経ちました。(5650日)
28036日間 生きました。