生年月日データベース

中西太なかにしふとし

プロ野球選手、監督[日本]

1933年 4月11日

2023年 5月11日 死去心不全享年91歳
中西太 - ウィキペディアより引用

中西太(なかにし ふとし、1933年4月11日 - 2023年5月11日)は、香川県高松市出身のプロ野球選手(内野手)、コーチ、監督、解説者、評論家。1999年に野球殿堂入り。高松第一高等学校時代は甲子園で夏2回ベスト4、春1回出場。甲子園で二戦連続ランニングホームランも記録した。西鉄ライオンズでは三原脩監督時代の黄金期を支え、本塁打王5回、打点王3回、首位打者2回、ベストナイン(三塁手)7回を記録。1953年には史上最年少でトリプルスリーと二冠(本塁打王・打点王)を、1955年にはパ・リーグ最高殊勲選手を達成している。西鉄では選手兼監督を経て監督となり、1963年にリーグ優勝を達成。5球団で監督・監督代行を、ヤクルト、近鉄、巨人、オリックスなどでもコーチや臨時コーチを歴任。若松勉、岡田彰布、掛布雅之、宮本慎也らを育てた。「何事も苦しい時が自分の礎をつくる」という「何苦楚」が座右の銘で、岩村明憲や田口壮に引き継がれている。妻は三原脩の長女。人生の師でもある三原からは「人を見て法を説け」や「三原イズム」、メモ魔を受け継いだ。中西が持っていた「三原ノート」は栗山英樹に引き継がれている。高松讃紫会では名誉会長に就任。2023年5月11日、死去。

推定関連画像

中西太さんが誕生してから、91年と13日が経過しました。(33251日)
亡くなってから、349日が経ちました。
32902日間 生きました。