生年月日データベース

三浦大輔みうらだいすけ

プロ野球選手[日本]

1973年 12月25日 生 (満45歳)

三浦大輔 - ウィキペディアより引用

三浦 大輔(みうら だいすけ、1973年12月25日 - )は、奈良県橿原市出身の横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。
愛称は「ハマの番長」で、2014年からは一軍の投手コーチも務める。
横浜大洋ホエールズへ入団した1992年以降、後継球団の横浜ベイスターズ・横浜DeNAベイスターズを通じて、一貫して横浜でプレー。
2016年シーズンからは、NPBの現役最年長選手および、横浜大洋への在籍経験を持つ最後の現役選手になる(詳細後述)。
マネジメントはエイベックス・スポーツ株式会社。
プロ入り前 橿原市立真菅北小学校時代、2人の弟と共に「真北リトルズ」で活躍する。
幼少期は大阪市玉造で過ごし、実家の花屋の配達で岡田彰布宅を訪れた際には、岡田も地元でずば抜けた才能を持っていた三浦を評価していた。
この縁で、横浜入団後の2008年に三浦が国内FA権の行使を宣言した際には、岡田がかつて在籍した阪神タイガースから横浜を上回る条件で移籍を打診された。

プロ野球選手(投手)。1973年12月25日、奈良県生まれ。183センチ88キロ。91年、高田商業高等学校からドラフト6位で横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団した。リーゼントの髪型から「ハマの番長」の愛称をもつ。97年、10勝3敗でセ・リーグ最高勝率を獲得し、2005年には最優秀防御率・最多奪三振を記録した。15年、山本昌・工藤公康と並びプロ野球記録となる23年連続勝利を達成している。また、16年7月11日に24年連続安打を放ち「プロ野球投手による安打の最多連続年数」としてギネス世界記録に認定された。16年9月20日、同シーズン限りで現役を引退することを発表した。同日時点での通算成績は534登板、172勝183敗、防御率3.58となっている。 (2016-9-22) (引用元 コトバンク)