生年月日データベース

杉田水脈すぎたみお

政治家[日本]

(自民党所属、以前は日本維新の会などに所属)

1967年 4月22日 生 (満52歳)

杉田水脈 - ウィキペディアより引用

杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日 - )は、日本の政治家。
次世代の党所属の前衆議院議員(1期)。
兵庫県神戸市垂水区生まれ。
「水脈」は父親が万葉集からとった名前である。
親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年、鳥取大学農学部林学科卒業後、当時の積水ハウス木造(95年に積水ハウスへ吸収される)入社。
1992年、西宮市役所入所。
2010年、退職。
同年10月、みんなの党兵庫6区支部長に就任。
その後、維新政治塾に参加し、2012年12月16日、第46回衆議院議員総選挙で兵庫6区に日本維新の会より出馬。
自由民主党の大串正樹に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選。
2014年の日本維新の会分党に伴い、次世代の党結党に参加。
当初次世代の党への参加意向を示していた同僚の三木圭恵が、一転して維新の党(橋下グループ)に参加したことで、同党結党に参加する唯一の女性衆議院議員になった。
次世代の党の国対副委員長と女性局長に就任。
同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に兵庫6区から次世代の党公認で出馬し、落選。

関連書籍

自由民主党所属の衆議院議員。1967年4月22日生まれ。 1990年鳥取大学農学部林学科修了。 建設会社社員、西宮市職員を経て2012年12月の衆議院議員選挙で日本維新の会から出馬し比例区で復活当選。日本維新の会の分党にともない次世代の党に参加。2014年12月の衆議院議員選挙では落選した。 2017年10月の衆議院議員選挙に自由民主党から比例のみで出馬し当選。細田派に入会した。 雑誌「新潮45」の2018年8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」という論文を寄稿して批判を集め、自民党から指導を受けた。 (引用元 Hatena Keyword)