生年月日データベース

佐々木恭介ささききょうすけ

プロ野球選手、監督[日本]

1949年 12月28日 生 (満70歳)

佐々木 恭介(ささき きょうすけ、1949年12月28日 - )は、兵庫県氷上郡青垣町(現・丹波市)出身の元プロ野球選手(外野手)・監督、野球解説者、野球評論家。
少年時代は相撲を取ったら負け知らずだったため、相撲部屋からスカウトが来たという。
柏原高校から新日鐵広畑に入社。
1970年の第41回都市対抗野球大会に鐘淵化学の補強選手として出場し、チームの準々決勝進出に貢献する。
1970年のドラフト会議で東映フライヤーズに9位指名されるが入団を拒否し新日鐵広畑に残留。
翌1971年の第42回都市対抗野球大会では、山中正竹(住友金属から補強)・三沢淳の両エースを擁し中心打者として活躍、準決勝では2本塁打を放つ。
決勝で丸善石油を降し優勝、最優秀選手の橋戸賞を受賞し、同年の社会人ベストナイン(一塁手)にも選出された。
他のチームメートに小玉孝遊撃手・白滝政孝外野手らがいた。
同年のドラフト会議で近鉄バファローズに1位指名で入団。
1974年に外野手に転向しレギュラーとなった。
1978年には打率.354の成績で首位打者を獲得。
1979年、1980年にも打率3割以上をマークし、リーグ連覇の原動力となった。