生年月日データベース

徳川家達とくがわいえさと

徳川家第16代宗家、政治家、公爵[日本]

(ワシントン軍縮会議全権大使、文久3年7月11日生)

1863年 8月24日

1940年 6月5日 死去享年78歳
徳川家達 - ウィキペディアより引用

徳川 家達(とくがわ いえさと、旧字体:德川 家達󠄁、1863年8月24日〈文久3年7月11日〉 - 1940年〈昭和15年〉6月5日)は、日本の政治家、名望家。
位階・勲等・爵位は従一位大勲位公爵。
幼名は亀之助。
号は静岳。
世間からは「十六代様」と呼ばれた。
1865年(元治2年)に御三卿の田安徳川家第7代当主、徳川慶喜謹慎後の1868年(慶応4年)に徳川宗家第16代当主となり、明治初期に静岡藩主(知藩事)を務める。
廃藩置県後に貴族院議員となり、1903年(明治36年)から1933年(昭和8年)までの30年にわたって第4代から第8代までの貴族院議長を務めた。
またワシントン軍縮会議全権大使、1940年東京オリンピック組織委員会委員長、第6代日本赤十字社社長、華族会館館長、学習院評議会議長、日米協会会長、恩賜財団紀元二千六百年奉祝会会長なども歴任。
大正期には組閣の大命も受けた(拝辞)。

徳川家達さんが誕生してから、160年と325日が経過しました。(58765日)
亡くなってから、84年と40日が経ちました。(30721日)
28044日間 生きました。