生年月日データベース

柳田国男やなぎたくにお

民俗学者[日本]

1875年 7月31日

1962年 8月8日 死去心臓衰弱享年88歳
柳田国男 - ウィキペディアより引用

柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。
大日本帝国憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めた。
日本学士院会員、日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。
位階・勲等は正三位・勲一等。
出版物等においては、常用漢字体による「柳田 国男」という表記も使用される。
「日本人とは何か」という問いの答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行した。
初期は山の生活に着目し、『遠野物語』で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。
日本民俗学の開拓者であり、多数の著作は今日まで重版され続けている。

柳田国男さんが誕生してから、148年と357日が経過しました。(54414日)
亡くなってから、61年と350日が経ちました。(22630日)
31784日間 生きました。