生年月日データベース

石田三成いしだみつなり

戦国大名[日本]

(永禄3年生)

1560年

1600年 11月6日 死去斬首享年41歳
石田三成の辞世
筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり
 - ウィキペディアより引用

石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。
豊臣家家臣。
佐和山城主。
豊臣政権の奉行として活動し、五奉行のうちの一人となる。
豊臣秀吉の死後、徳川家康打倒のために決起して、毛利輝元ら諸大名とともに西軍を組織したが、関ヶ原の戦いにおいて敗れ、京都六条河原で処刑された。

関連商品

亡くなってから、420年と313日が経ちました。(153718日)