生年月日データベース

石田三成いしだみつなり

戦国大名[日本]

(永禄3年生)

1560年

1600年 11月6日 死去斬首享年41歳
石田三成の辞世
筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり
 - ウィキペディアより引用

石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。
豊臣氏の家臣。
豊臣政権の五奉行の一人。
関ヶ原の戦いにおける西軍側の主導者として知られている。
生涯 秀吉の子飼い 永禄3年(1560年)、石田正継の次男として近江国坂田郡石田村(滋賀県長浜市石田町)で誕生。
幼名は佐吉。
石田村は古くは石田郷といって石田氏は郷名を苗字とした土豪であったとされている。
羽柴秀吉が織田信長に仕えて近江長浜城主となった天正2年(1574年)頃から、父・正継、兄・正澄と共に秀吉に仕官し、自身は小姓として仕える(天正5年(1577年)説もある)。
秀吉が信長の命令で中国攻めの総司令官として中国地方に赴いたとき、これに従軍した。
天正10年(1582年)6月、信長が本能寺の変により横死し、次の天下人として秀吉が台頭すると、三成も秀吉の側近として次第に台頭してゆく。
天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家軍の動向を探る偵察行動を担当し、また先駈衆として一番槍の功名をあげた(『一柳家記』)。

関連商品