生年月日データベース

貞明皇后ていめいこうごう

皇族、大正天皇皇后[日本]

1884年 6月25日

1951年 5月17日 死去狭心症享年68歳
 - ウィキペディアより引用

貞明皇后(ていめいこうごう、1884年〈明治17年〉6月25日 - 1951年〈昭和26年〉5月17日)は、日本の第123代天皇・大正天皇の皇后(在位:1912年〈明治45年/大正元年〉7月30日 - 1926年〈大正15年/昭和元年〉12月25日)。
諱は節子(さだこ)。
お印は藤。
旧名は、九条 節子(くじょう さだこ)。
昭和天皇の母、明仁(上皇)の祖母、徳仁(第126代天皇)の曾祖母にあたる。
元華族。
公爵・九条道孝令嬢。
ハンセン病の予防など救らい事業や福祉事業、蚕糸業(絹糸)奨励などに尽力した。
一夫一妻制での最初の皇后。
令和元年の現在、藤原氏から立后する最後の例となっている。

貞明皇后さんが誕生してから、137年と89日が経過しました。(50128日)
亡くなってから、70年と129日が経ちました。(25697日)
24431日間 生きました。