生年月日データベース

上杉景勝うえすぎかげかつ

戦国大名、米沢藩初代藩主[日本]

(弘治元年11月27日生)

(ユリウス暦) 1556年 1月8日

1623年 4月19日 死去享年69歳
上杉景勝 - ウィキペディアより引用

上杉 景勝(うえすぎ かげかつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての大名。
豊臣政権の五大老の一人。
米沢藩の初代藩主。
山内上杉家17代目。
上田長尾家出身で、初名は長尾顕景。
同じ長尾家出身の叔父・上杉謙信の養子となり、名を上杉景勝と改めた。
実子のいない謙信の死後、上杉家の家督相続を争った御館の乱で勝利し、謙信の後継者として上杉家の当主となった。
豊臣秀吉に仕え、豊臣家五大老の1人として、会津藩120万石(「上杉家記」では120万1,200石余、上方の在京領は除く)を領した。
秀吉の死後、徳川家康が景勝討伐に向かい関ヶ原の戦いが幕開け、景勝は石田三成ら西軍に付き敗北した。
戦後に、徳川家康から上杉家の存続は許されたが米沢藩30万石へ減封となった。