生年月日データベース

有吉道夫ありよしみちお

将棋棋士[日本]

1935年 7月27日 生 (満84歳)

有吉道夫(ありよし みちお、1935年7月27日 - )は、将棋棋士、九段。
2010年、引退。
大山康晴十五世名人門下。
棋士番号は66。
岡山県備前市出身。
棋聖のタイトル獲得1回のほか優勝9回。
また、タイトル戦の舞台での大山との師弟対決は4度実現。
現役55年を数え、2001年には史上6人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を達成。
過去に4人しかいない『六十歳代A級棋士』の一人でもあった。
順位戦A級在籍21期。
同じ関西本部所属では、内藤國雄とは自他ともに認めるライバル関係。
で、関西将棋界を牽引。
棋歴 将棋に熱中したきっかけは、「矢倉囲いの美しさに感動したから」だという。
年齢差が12歳ほどしかない大山の一番弟子で、1951年に15歳で入門してからの奨励会の4年間、大山のもとで内弟子生活を送る。
1955年、19歳でプロ入り。
初参加から2期目の第11期(1956年度)C級2組順位戦で、10勝2敗で1位となり、C級1組へ昇級。
さらに、翌年も同じく10勝2敗で1位となり、2年連続昇級でB級2組へ上がる。

関連書籍