生年月日データベース

永田鉄山ながたてつざん

陸軍少将[日本]

1884年 1月14日

1935年 8月12日 死去斬殺享年52歳
永田鉄山 - ウィキペディアより引用

永田 鉄山(ながた てつざん、1884年〈明治17年〉1月14日 - 1935年〈昭和10年〉8月12日)は、日本の陸軍軍人。
統制派の中心人物。
陸軍中央幼年学校次席卒業、陸軍士官学校首席卒業、陸軍大学校次席卒業を経て参謀本部第2部長、歩兵第1旅団長などを歴任した。
軍政家として本流を歩み「将来の陸軍大臣」「陸軍に永田あり」「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」と評される秀才だった。
陸軍刷新(長州閥支配打破など)を進めた。
陸軍省軍務局長(階級は陸軍少将)時に、陸軍内部の統制派と皇道派の抗争に関連して相沢三郎陸軍中佐に執務室で殺害された(相沢事件)。

推定関連画像

永田鉄山さんが誕生してから、140年と48日が経過しました。(51183日)
亡くなってから、88年と204日が経ちました。(32346日)
18837日間 生きました。