生年月日データベース

岡田啓介おかだけいすけ

政治家海軍大将、内閣総理大臣[日本]

(慶応4年1月21日生)

1868年 2月14日

1952年 10月17日 死去享年85歳
岡田啓介 - ウィキペディアより引用

岡田 啓介(おかだ けいすけ、1868年2月14日〈慶応4年1月21日〉- 1952年〈昭和27年〉10月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。
最終階級は海軍大将。
栄典は正二位勲一等功三級。
田中義一内閣で海軍大臣を務めたのち、斎藤内閣でも海軍長老として海軍大臣を再び拝命して五・一五事件後の騒然とした海軍省部内を収めた。
その斎藤内閣が瓦解したあと大命降下を受けて内閣総理大臣に就任、岡田内閣では一時拓務大臣と逓信大臣を兼任している。
二・二六事件で反乱軍に襲撃されたが、義弟で秘書官を務めていた松尾伝蔵が身代わりとなり、奇跡的に難を逃れた。
総理退任後も重臣として度々枢機に与ったが、第二次世界大戦中は東条内閣打倒を自らの責務ととらえ倒閣運動を主導した。
晩年に口述した『岡田啓介回顧録』はこの動乱の時代を知る上での貴重な史料となっている。

推定関連画像

岡田啓介さんが誕生してから、156年と17日が経過しました。(56996日)
亡くなってから、71年と137日が経ちました。(26070日)
30926日間 生きました。