生年月日データベース

若尾文子わかおあやこ

女優[日本]

1933年 11月8日 生 (満86歳)

若尾文子 - 女優

若尾 文子(わかお あやこ、本名:黒川 文子、1933年11月8日 - )は、日本の女優。
亡夫は建築家の黒川紀章。
来歴・人物 東京府東京市荒川区(現:東京都荒川区)に5人兄姉の末っ子に生れ育つ。
第二次大戦中は父親の仕事の関係で宮城県仙台市に疎開していた。
宮城県第二女子高等学校中退。
文子は1951年に大映の第5期ニューフェイスとして映画界入り。
1952年、急病で倒れた久我美子の代役として、小石栄一監督の『死の街を脱れて』で銀幕デビュー。
翌1953年に映画『十代の性典』がヒットし、マスコミから性典女優と酷評されるも知名度は急上昇した。
それ以降も出演作を重ね人気女優としての地位を築く。
同年の映画『祇園囃子』(1953年)では溝口健二監督に起用され、女優としての実力を発揮し、性典女優の蔑称(汚名)を返上し、熱演が高く評価された。
以降、日本映画を代表する正統派美人女優の一人となり、京マチ子、山本富士子と並ぶ大映の看板女優と謳われ、260本以上の映画に主演した。

関連商品