生年月日データベース

宮尾登美子みやおとみこ

作家[日本]

1926年 4月13日

2014年 12月30日 死去老衰享年89歳
宮尾登美子 - ウィキペディアより引用

宮尾 登美子(みやお とみこ、1926年4月13日 - 2014年12月30日)は、日本の小説家。
高知県高知市生まれ。
高坂高等女学校卒業。
『櫂』で注目されて以来、緻密な構成と、時代に翻弄されながらも逞しく生きる女性を描いた作風で多くの読者に支持された。
高知の花柳界で育った体験を生かした自伝的作品のほか、芸道物、歴史物のモデル小説に優れる。
文化功労者。

推定関連画像

宮尾登美子さんが誕生してから、98年と11日が経過しました。(35806日)
亡くなってから、9年と116日が経ちました。(3403日)
32403日間 生きました。