生年月日データベース

平沼赳夫ひらぬまたけお

政治家、元経産省大臣、元 たちあがれ日本党首[日本]

1939年 8月3日 生 (満84歳)

平沼赳夫 - ウィキペディアより引用

平沼 赳夫(ひらぬま たけお、1939年〈昭和14年〉8月3日 - )は、日本の政治家。
日本会議岡山会長。
経済産業大臣(初代・第2代)、国際博覧会担当大臣(第2次森内閣・第2次森改造内閣(中央省庁再編前)・第2次森改造内閣(中央省庁再編後)・第1次小泉内閣・第1次小泉第1次改造内閣)、通商産業大臣(第64代)、運輸大臣(第70代)、新東京国際空港担当大臣(村山改造内閣)、大蔵政務次官(竹下内閣)、衆議院議院運営委員長、同農林水産委員長、同大蔵委員長、衆議院議員(12期)、次世代の党党首(初代)、日本維新の会国会議員団代表(第2代)、同代表代行(第2代)、太陽の党共同代表、たちあがれ日本代表(初代)を歴任した。
養父は第35代内閣総理大臣で曾祖叔父の平沼騏一郎。
経歴、人物像[編集] 生い立ち[編集] 東京市渋谷区代々木大山町にて、中川恭四郎、節子夫妻の長男として生まれる。
父、恭四郎は群馬県知事、特許庁長官などを歴任した内務官僚中川友次郎の四男で、農林中央金庫に勤めていた。
その後、三井生命、学校経営、大協石油と職を変え、大協石油の特約店、朝日商販の社長となった。
母、節子は早稲田大学総長を務めた平沼淑郎(平沼騏一郎の兄)の孫。
赳夫が2歳のとき、恭四郎・節子夫妻から曾祖叔父の騏一郎が、一家養子として迎えた。
麻布中学校・高等学校を経て慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。
1962年(昭和37年)4月日東紡績に入社。
配属先 ……

平沼赳夫さんが誕生してから、84年と356日が経過しました。(31037日)