生年月日データベース

中曽根康弘なかそねやすひろ

政治家内閣総理大臣[日本]

1918年 5月27日

2019年 11月29日 死去享年102歳
 - ウィキペディアより引用

中曽根 康弘(中曾根 康弘、なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。
自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71・72・73代内閣総理大臣に就任。
国鉄民営化を成し遂げるとともに、アメリカのロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。
若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力した。
首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。
小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。
衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。
科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。
位階は従一位。
勲等は大勲位菊花章頸飾。

関連商品