生年月日データベース

大平正芳おおひらまさよし

政治家内閣総理大臣[日本]

1910年 3月12日

1980年 6月12日 死去心筋梗塞享年71歳
大平正芳 - ウィキペディアより引用

大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
池田勇人の秘書官を経て政界に進出。
宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交正常化に貢献。
首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、更に首相就任後も四十日抗争やハプニング解散で体力を消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。
田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。
「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。
衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第85・86・95・96代)、通商産業大臣(第29代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。
読書家、クリスチャン(聖公会)として知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。

大平正芳さんが誕生してから、114年と70日が経過しました。(41709日)
亡くなってから、43年と343日が経ちました。(16049日)
25660日間 生きました。