生年月日データベース

柿谷曜一朗かきたによういちろう

男子サッカー選手[日本]

1990年 1月3日 生 (満29歳)

柿谷曜一朗 - 男子サッカー選手

柿谷 曜一朗(かきたに よういちろう、1990年1月3日 - )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・セレッソ大阪所属。
ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
元日本代表。
セレッソ大阪 4歳からセレッソ大阪の下部組織で育ち、スクールからプロまでセレッソ一筋。
追手門学院大手前高等学校在学中の2006年、クラブ史上最年少の16歳でトップチームとプロ契約を結び、C大阪と業務提携しているウィザス高等学校(現 第一学院高等学校)に転校した。
同年5月には短期海外研修として、アーセナルやインテルミラノのユースの練習に参加。
9月に開催されたAFC U-17アジア選手権では唯一、プロ選手として大会に出場し優勝に貢献。
自身も大会MVPに選出された。
11月26日のJ1第33節大宮アルディージャ戦で、Jリーグ初出場を果たす。
2007 FIFA U-17ワールドカップのナイジェリア戦で、出場時間900分に達し、プロA契約を締結。
大会中、フランス戦およびハイチ戦にて得点を挙げ、同大会にて最も素晴らしいゴールを挙げた得点者と評された。

関連書籍

プロサッカー選手。1990年1月3日、大阪市生まれ。177センチ、68キロ。ポジションはフォワード、ミッドフィルダー。高校在学中の2006年5月、クラブ史上最年少の16歳にしてセレッソ大阪とプロ契約を結ぶ。同年に「AFCU-17選手権2006MVP」「AFC優秀ユース選手」を、翌年には「AFC優秀ユース選手」を獲得し、早熟の天才として注目される。しかし08年になると出場機会が少なくなり、練習への遅刻などプロ意識に欠ける行動が見られたため、09年6月、J2の徳島ヴォルティスへ期限付き移籍が決定した。同チームでは大きな活躍をみせ、12年1月、セレッソ大阪に期限満了により復帰。同シーズンに「Jリーグ優秀選手賞」を受賞し、13年5月には「Jリーグ月間MVP」を受賞するなど完全復活を果たした。同年、「東アジアカップ2013」の日本代表に初選出され「大会得点王」を獲得、同選手権での日本代表初優勝の原動力となった。 (2013-8-19) (引用元 コトバンク)