生年月日データベース

西澤明訓にしざわあきのり

男子サッカー選手[日本]

1976年 6月18日 生 (満43歳)

西澤 明訓(にしざわ あきのり、1976年6月18日 - )は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の元サッカー選手。
現役時代のポジションはフォワード。
日本代表として2000年6月にモロッコ国内にて開催されたハッサン2世国王杯でのフランス戦にて挙げたボレーシュートによる同点ゴールをはじめとする多くのゴールや、セレッソ大阪における森島寛晃との名コンビで著名な、日本サッカーを代表するフォワードのひとりであった。
現在セレッソ大阪でアンバサダーを務める。
静岡県清水市 (現静岡市清水区) に生まれ育ち、清水市立入江小学校在学中に清水フットボールクラブに入団し、センターフォワードとしてプレーした。
この時のチームメートのひとりに山西尊裕がいた。
この頃「ニッコ」という愛称を「ニコニコしているから」という理由で山西に付けられた。
清水市立第八中学校を経て1992年に静岡県立清水東高等学校に入学してサッカー部に入部した。
1年時には全国高等学校総合体育大会ベスト4を経験した他、2年時・3年時の2度国民体育大会少年男子静岡県選抜に選出され、大会2連覇を経験。

元サッカー選手。ポジションはフォワード(センターフォワード)。 1976年6月18日生まれ。静岡県出身。 ユニフォームに襟があると、必ず立ててプレーする。 強靭なフィジカルを生かしたポストプレーには定評がある。味方の選手を生かす術も心得ており、セレッソ大阪では森島寛晃と絶妙のコンビプレーを見せた。また、ボレーシュートが得意で、2000年のハッサン2世杯の日本対フランス戦で見せたボレーシュートは語り草となっている。 日本代表としては国際Aマッチ29試合に出場し10得点をマーク。2000年AFCアジアカップ、2002年FIFAワールドカップに出場した。 膝、足首など度重なる故障が原因で、2009年、惜しまれつつも33歳の若さで現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)